クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100520ベンケイガニ
撮影地:沖縄県竹富町西表島
撮影日:2010年5月20日

西表島で夜の生き物観察としゃれこんで散策するとカニに出会う事はよくあること。
この夜現れたベンケイガニは見事な真っ赤個体。
海岸地域に生息するけど基本陸上生活。産卵時は海岸で放卵。
その辺はアカテガニとほぼ一緒。きっと飼育法もほぼ一緒でいいと思う。
関東以南に幅広く生息しているポピュラー種。
ちなみに、葛西臨海公園ではアカテガニの方を圧倒的に多く見かけます。
100520オキナワハクセンシオマネキ
撮影地:沖縄県竹富町西表島
撮影日:2010年5月20日

“西表島”と聞いて思い浮かべるものの一つにマングローブがあると思う。
そのマングローブを中心とした干潟では、干潮時にシオマネキの姿がよく見られる。
上の写真はオキナワハクセンシオマネキ。
西表島でもっともたくさん見かける事の出来るシオマネキは、このオキナワハクセンではないだろうか。
そのため、写真も撮りやすい。

100520ヤエヤマシオマネキ
撮影地:沖縄県竹富町西表島
撮影日:2010年5月20日

こちらはヤエヤマシオマネキ。
色合いは少し地味。

シオマネキの仲間はハサミで招くような恰好をする行為で有名。
団体でいる場面が多い。
なるべく目線を低く、それこそ寝そべって観察すると見ごたえある観察が出来るのではないでしょうか。
自分は結構寝そべって観察しますね。

ただ、場所によるのか、それとも別の要因か、『昔テレビで見た光景よりも意外と数が少ないな~』と感じた。
種類によってはレッドデータ入りしているものもいるという。
だから、せっかく西表島に来たのに必ずしも出会うとは限らない種類もいます。
でも、いつかは西表島にいるシオマネキ全種類の撮影に成功したいな。
100521サキシマキノボリ
撮影地:沖縄県竹富町西表島
撮影日:2010年5月21日

ふと木に目線を移したらそこにいたキノボリトカゲ。
写真の子はサキシマキノボリ。

西表で観られる個体は茶色が多いと思います。
林道や木々の多い遊歩道で出会う率が高いでしょう。
が、ちょっと注意していないと見落とす可能性有り。

動きはあまりないので、観察は容易。
結構近くまで寄れます。
とは言っても手出せばどっか行っちゃいますので…
100521サキシマカナヘビ
撮影地:沖縄県竹富町西表島
撮影日:2010年5月21日

緑あふれる西表島で、緑鮮やかなサキシマカナヘビ。
尾が長いのが特徴。

千葉県人の自分にとって、“カナヘビは茶色いもの”というイメージが強い。
千葉県のカナヘビはカッコは良いけど、色使いが地味なのだ。
こちら西表島のカナヘビは緑色でスマート。
スマートのせいか木の上にいる所で見かける事も多い。
樹上に登れるスマートさ、ダイエット中の身にとっては羨ましい限りである
100521キシノウエ幼生
撮影地:沖縄県竹富町西表島
撮影日:2010年5月21日

イシガキトカゲ幼生に似ているけど、キシノウエと判断したのは、顔付近の文様で。
間違っていたらごめんなさい(;´▽`A``
100521キシノウエ幼生2

成体は30cmを超える日本最大級のトカゲ。
自分は成体は一度だけ見かけた事があります。
写真に収められなかったのは残念ですが・・・・

国の天然記念物です。
むやみに触れないようにしましょう。
もっとも、セマルハコガメと違って敏捷なので捕まえにくいとは思いますが・・・

今回の写真の子は結構図太い性格をしているようでして、かなりの近さにまで近づく事が出来ました。
ちなみに、場所はマリユドゥの滝に向かう道中です。
観光の為に遊歩道があるので、比較的歩きやすいトレッキングルートになっています。
100521イシガキトカゲ
撮影地:沖縄県竹富町西表島
撮影日:2010年5月21日

尾っぽのブルーが鮮やかなせいか、イシガキトカゲの紹介写真は幼生の写真が掲載される事がとても多い。
『じゃあ、成体はどうなの?』というと、なるほど地味かもしれない。

100521イシガキ成体
撮影地:沖縄県竹富町西表島
撮影日:2010年5月21日

しかし、手頃な大きさだし、姿もカッコいい!
魅力は充分あると思います。
見かける機会も多いので、撮影チャンスもそれなりにあるでしょう。
幼生の方が逃げ足は早い気がします。
100520ミナミトビハゼ
撮影地:沖縄県竹富町西表島
撮影日:2010年5月20日

地元では“トントンミー”と呼ばれ親しまれているミナミトビハゼ君。
本島だとトビハゼも生息しているので見分けが必要だが、西表島だとミナミ君しかいないので('-^*)

河口の干潟に行けば普通に観る事が出来る。
が、田んぼ近くの水路でも観る事が出来る。
今回の撮影場所がまさにそう。
もっとも、道路を挟んですぐ海でしたが・・・・

ミナミトビハゼは、塩分濃度が濃いのは好みではないようです。
100520サキシマヌマガエル
撮影地:沖縄県竹富町西表島
撮影日:2010年5月20日

西表島で最もよく見かける蛙といったらこのサキシマヌマガエルじゃないでしょうか。
田んぼ沿いの夜道を歩いていると、そこらじゅうでピョンピョン飛び跳ねている。
ただ、冬は活動が鈍るようです。

ハブという強敵がいるせいか、跳躍力抜群!
撮影しようと近づくとすぐ跳んで行く。
距離結構跳ぶものだから、追いかけるのもやや苦労。
ただ、数が多いので撮影チャンスもすぐやってくる。

背中に線があるものと無いものがあるそうで、この撮影個体はかなり太い線。
当初はヌマガエルの亜種扱いだったそうですが、2007年に固有種へと変更されたそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。