クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090622オキナワツノトンボ
撮影地:沖縄県竹富町鳩間島
撮影日:2009年6月23日

写真はオキナワツノトンボかな。
トンボと付いているが、ウスバカゲロウの仲間になります。

でも、ウスバカゲロウよりもガッチリしている印象です。
トンボよりは華奢に感じます。

ウスバカゲロウ以上トンボ未満といったところでしょうか。
090623スジグロカバマダラ
撮影地:沖縄県竹富町鳩間島
撮影日:2009年6月23日

八重山では普通に出会える蝶。
八重山の蝶入門種か?

パッと見、ツマグロやタテハっぽい所があるので、感動が薄かったりもしますが、内地人にすれば珍しい種類である事には変わりません。

ただ、自分はあまり思い入れが無いので、内容薄い記事に・・・・・
090622イヌビワオオハマキモドキ
撮影地:沖縄県竹富町鳩間島
撮影日:2009年6月22日

八重山では比較的目にする方の蛾の仲間。
光沢ある姿は小さいながらも思わず見つめてしまうかもしれません。

しかし、色合い以外に特に語るべきものが無い蛾です。
そこをどう捉えるかは読み手のあなた次第という事で・・・・



070903シロアリ
撮影地:東京都小笠原村父島
撮影日:2007年9月3日

住宅被害をもたらす代表的虫シロアリ。
この写真の撮影は道路沿いの朽木にて。

小笠原では、シロアリの繁殖シーズンは大変だ。
灯りに寄って来るから、灯りを付けたまま部屋を開ける事は厳禁だ。

数が多すぎて、オオヒキガエルもシロアリを食べ過ぎて死んでしまう個体もいると聞いた事ある。
しかし、食べ過ぎで死ぬなんて、まるでタガメのよう。

小笠原は世界遺産登録されました。
固有種も多いですが、外来種も多いです。
このシロアリも外来種。

第二次世界大戦後、米軍と共にやってきたと言われています。
090623ハラビロカマキリ
撮影地:沖縄県竹富町鳩間島
撮影日:2009年6月23日

南国でもカマキリは年1回発生なんだろうか?
そんな疑問を持ちつつも、解答は探らないという中途半端な自分です( ̄Д ̄;;
ただ、写真の子は、内地の6月のハラビロに比べると大きい。

カマキリは好奇心旺盛な個体が多いようで、カメラを向けるとこちらを向く事が多い。
なので、カメラ目線で撮らえる事が容易な生き物でもある。

今回はお尻を持ち上げるポージングも。
ただし、これは幼い時代のハラビロに見られる威嚇のポーズ。
しかし全く怖くも無く、逆に可愛らしくて近寄ってしまう(笑)


ハラビロと自分といえば、子供の頃、部屋の中で放して遊んでいたら、妹に踏まれてしまった事がある。
成田では意外とハラビロ遭遇率が低く、だもんで自分はかなり激怒しました。
080901アオメアブ
撮影地:千葉県浦安市
撮影日:2008年9月1日

アブと言うと、“血を吸う”イメージがあると思います。
実際、自分も子供の頃吸われた事がある。
結構な痛みが伴っていたのを覚えている。

しかし、今回載せた写真のアブは血を吸いません。

『アオメアブ』

アブとしては大型の部類に入り、その姿を見てハチと勘違いして身を引く人もいるでしょう。
しかし、アオメアブ自体は虫の体液を吸って生きていくアブであり、人を襲う事はない。
また、人に臆する個体も少ないようで、多くの人が撮影容易種として取り上げています。
080929キボシカミキリ
撮影地:沖縄県竹富町鳩間島
撮影日:2008年9月29日

ゴマダラカミキリに似ていますが、斑点が黄色い事と、頭部に黄色のラインが入る事で区別が付く。

台風余波で波高く、海に入れず、島散策を楽しんでいる最中に出会ったカミキリムシだった。

島に住む生き物には亜種が多く存在する。
このキボシカミキリも、八重山産のものは“イシガキキボシカミキリ”となる。
外見的特徴に大きな違いはありません。
まぁ、この辺の細かい分類は専門家に任せればいい。
080901ナガコガネ
撮影地:千葉県浦安市
撮影日:2008年9月1日

写真のコガネグモは、ナガコガネグモ。
腹部に多数の黒線が入るのが特徴。

“これぞクモ!”という体形に、クモの巣もまさにクモ!

クモらしいクモは一般人から結構嫌われたりしますが、こういうクモにこそもっと光が当てられるべきだと思います。
自分、結構クモ好き?(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。