クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090709アフリカマイマイ
撮影地:東京都小笠原村母島
撮影日:2009年7月9日

『ナメクジが気持ち悪い』と言う人は、殻が付いた所で『カタツムリが可愛い』とは思わないと思うのですが・・・・
特にこのアフリカマイマイはじっくり観れば観るほどにね(笑)
ちなみに自分は、別にナメクジが気持ち悪いと感じないので。


小笠原では、アフリカマイマイの殻を利用するオカヤドカリを多く見かけます。
しかし、自分は父島でアフリカマイマイを目にしたのは1回だけ。
父島よりも母島で見かける事が圧倒的に多いです。


夜や雨上がりに見かける事が多いこの御仁。
でかくて、野菜を食い荒らし、更には広東住血線虫の中間宿主という厄介者。
触れるには要注意です。


食糧事情が悪い時代に日本に持ち込まれ、数を増やして野菜を食い尽くすようになったら天敵導入され、その天敵も在来種の方が簡単に食べられるものだから・・・・・

色々問題あるも、原因作ったのは結局人間なんですよね(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
小笠原はカタツムリの宝庫と聞きましたが、外来種のカタツムリもいるのですね。
外来種がいない所は本当にないですね・・・
2011/11/24(木) 13:29:47 | 謎のハンター | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。