クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
06年9月グリアノ
撮影地:東京都小笠原村父島
撮影日:2006年9月

今は悪名高きグリーンアノール。
しかし、自分が子供の頃、そう、30年近く前は小笠原を代表する生き物として扱われていた。
生態が分かるにつれその問題ぶりもクローズアップ。
大食漢な上、特に天敵が居ない為、安心して固有種を喰い捲くっている。
地元の自然ガイドの人も憂れいていた。


特に天敵がいるわけでもないのに、意外と警戒心が強く、思ったよりも撮影は楽ではない生き物です。
開けた場所で見かけて、でも近づくとサッと身を翻してしまう。
ただ、数はたくさん見かけるので、一度失敗してもチャンスはすぐに訪れる。


警戒心が強いと書きましたが、中にはとっても図々しい個体も居ます。
0409月グリアノ
撮影地:東京都小笠原村父島
撮影日:2004年9月

夜の散策中に出会った↑のアノールは睡眠中の所。
体長15センチほどの個体。
明かりを照らすとまぶたを開け眠たそうな表情をし、またすぐまぶたを閉じ眠ってしまった図太い神経の持ち主。

しかし、自分もよくこの子に気付いたなと思う。
なんせ葉陰の所に居たのですから。
フィールドワークしている人なら分かると思いますが、生き物の気配を感じる時ってありますよね?
それです。

ただ、フィールドから遠ざかるとその感覚鈍ります。
身近な場所でもいいから、定期的にフィールドへ赴かなければいけないと感じる今日この頃です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する