クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
10920アンドンクラゲ2
撮影地 千葉県館山市
撮影日 2010年9月20日

立方体の傘部分と長い触手が特徴。
傘部分は5cm以下が多いのですが、触手も入れると15~20cm前後のものをこの日はよく見かけた。

触手部分に刺胞毒を持ち合わせています。
逆手に取れば、触手に触れなければ安全とも言えます。

しかし、関東地方の海で出会うクラゲの中では毒性が強い部類に入り、“海に入る際は要注意の生き物”として名高い。
アンドンクラゲが発生しだすと閉鎖してしまう海水浴場もあるようですし、『傘部分は平気さ~』等と言って粋な所を見せて触れて怪我をしても責任は持てません。
触れない事が怪我しない一番の近道です。

多発時期、関東地方は8月の半ばくらいから。
ですから、自分もクラゲ対策をしていない時は『関東で泳ぐのは8月第1週まで』と決めています。
見かけなくなる時期は知りません。
だって、内地で10月過ぎてから泳いだ事ないもん!

10920アンドンクラゲ

遊泳能力が高いという評判を聞いていたので、今回の観察ポイントはそこ。
ジェット推進とでもいうのでしょうか、傘の部分を上手く使い、傘の中の水を外に押し出す事によって進んで行きます。
そして、思っていたよりも速いのでビックリしました。

もうひとつ確認したかった事も試してみました。
それは『前方に障害物があると避ける』という事です。
そこで、泳いでいるアンドンクラゲの前に手をかざしてみました。
そうすると確かに手に当たる前に角度を変える様子を観察する事が出来ました。


自分はこの日、元々クラゲ観察目的もあったので対策はしておりました。
しかしそれでも一箇所だけ大きく緊張した場所がありました。
水深1mほどの所だったのですが、アンドンクラゲが大密集していたのです。
数にしたら百は軽く超えていた感じ。
その密集から飛び出てくるアンドンクラゲを見たら、次々と基地から飛び立つ戦闘機を連想させました。
さすがにクラゲ対策していても『あの数の中突っ込むのは危険すぎる!』と感じ、沖の方へ向きを変えました。
沖ではアンドンクラゲの数はぐっと減り、水深5mほどの部分で見かけたのは1匹だけ。

しかし、沖だからいつも少ないとは限らないようです。
その日の潮具合により出没場面を予測するのは難しいらしいので、泳ぐ時は出会う前提で対策立てて行った方がいいでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する