クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10824セマルハコガメ1
撮影地 沖縄県竹富町西表島
撮影日 2010年8月24日

スコールの後だったので少し期待はしていました。
それでも、イダの浜へと向かう道中で、30mほど先で歩いている姿を目にした時は思わずダッシュしちゃいました!
セマルハコガメ君も逃げきる事は出来ずに甲羅に閉じこまるのが精一杯?(笑)

歩き出す姿を撮りたかったので、そこからはちょいと持久戦。
警戒心が思ったよりあり、顔は出すけどなかなか足を出さずに様子を伺うだけ。
こちらは蚊にまとわり付かれたが、歩き出すまでは我慢、我慢。

10分ほど粘った後に撮ったのが↓の1枚です。
10824セマルハコガメ2

西表島の観光ガイドブックを読むと“セマルは結構簡単に見られる”と感じさせるが、実体験からすると出会う事は少ない。
天然記念物だし、出会えたらやっぱラッキーだ!
亀に興味が無い人でも、その場でちょいと観察するくらいは時間の無駄にはならないだろう。

出会いの狙い目はスコール後だろう。
あとは明け方。
明け方に側溝で見かけるケースも多いと聞く。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。