クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オサムシ
撮影地 千葉県市原市
撮影日 2007年5月12日

農道歩いていたら突然姿を見せ、そして突然草の陰に隠れたお方。
アオオサムシでしょうかね?

少し意地悪して、草陰から追い出して目線位置からも撮らさせていただきました。
ごめんね、ごめんね~

07512オサムシ2

オサムシと言えば思い出すのは手塚治虫さん。
オサムシ好きが高じて、本名の“治”に“虫”を加えてペンネームを“手塚治虫”としたのは有名な話。

オサムシを代表とした地を這う甲虫たちは、カブトムシやクワガタのようなカッコ良さは無いかも知れないけど、奥が深いようでマニアも多い。
昔は夢中になる子供も結構いたと思う。
自分も、子供の頃に何故だかゴミムシを気にかけていた時期がありました。
今振り返ればホント何故なんだろう????なんですが・・・・

今は外国産カブトやクワガタが気軽に手に入る時代のせいかもしれませんが、地を這う虫に注目する子供は減ったような気がします
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。