クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヌマエビ生息

甚兵衛渡しは千葉県成田市印旛沼近くにある人があまり訪れない観光名所(人が訪れないのに観光名所とはこれいかに?)
春は菜の花が咲きほこり人がそこそこ集まるが、近くの田んぼの方には人は来ず(笑)

この小川を何故にフィールドワーク地にしているかというと、ヌマエビが生息しているから。
それも、陸封型の小型ヌマエビ。
水槽内でも手軽に繁殖してくれるヌマエビが生息していて、今は仕事が忙しく飼育には手を出していないので獲りに行く事はないが、実家から自転車で30分とかからないという点でも重宝していた。

メダカやクチボソといった面々にも出会う事ができる。
ただ、ヌマエビに関しては出会う時と出会わない時があるのは不思議。

子供の頃はアカガエルも多く生息していたが、今はアカガエルを観る事は出来ない。
下総のカエル事情は大変厳しい現実にさらされている。
4年くらい前になりますが、8時間ほど歩きながら下総のアカガエル探しをしたのですが出会えず。
その後も何度か探しに行きましたが空振り。
下総の多くの地域でアカガエルが絶滅したと思うに至る結果になりました。


アマガエル、ダルマガエルの減少も深刻に感じました。
25年前と違ってすぐに出会えません。

その一方でアメリカザリガニ、ウシガエルは25年前よりも増加。
魚種の方も、用水路にまでブルーギルやブラックバスの侵入が見られ、メダカやクチボソが減りました。
子供の頃は、家から歩いて5分の所にメダカやサワガニ生息地があったのですがね・・・・・

子供達には里山で遊んでもらいたいと思うのですが、こんな現状では遊ぶ魅力もないのか。。。
自分が子供の時は里山で色んな事を学びました。
だから大人になってもたまに訪れるのです。
大人になった今でも新鮮な発見があるのが里山です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。