クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒキガエル交尾
撮影地 東京都大田区
撮影日 2007年2月7日

東京港野鳥公園に野鳥の観察をしに行った時に出会いました
アズマヒキガエルでいいと思います
ヒキガエルの産卵次期は早い
自分が子供だった頃、住んでいた成田の田んぼではアカガエルの産卵シーズンの次はヒキガエルの産卵シーズンでした
アカガエルの産卵はまだ氷が時折張る季節。ヒキガエルはそれよりちょっと遅れてでした。
ですから、成田と同じ南関東である大田区で、この撮影日に、アカガエルならわかるのですが、ヒキガエルのこういう光景が見られたという事は少々驚きでした。
これも温暖化の影響でしょうか?


ちびヒキガエル
撮影地 東京都江戸川区
撮影日 2006年6月21日

こちらの撮影場所は自分の馴染みのフィールドワーク地の葛西臨海公園
しかも、このちびガエル達がたくさん観る事が出来たのがなんと汽水池の近く
小笠原でオオヒキガエルのおたまを汽水域で観た事ありますが、こちらアズマヒキガエルも汽水に耐えられるのでしょうか?
汽水池は岸辺に近づく事は立ち入り制限あり出来ないので、実際に汽水池に卵やおたまが存在できるのかが確認出来ないのは残念です
ちびヒキガエル2
撮影地 東京都江戸川区
撮影日 2006年6月21日
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。