クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガー

撮影地:埼玉県川口市
撮影日:2007年6月24日

小雨降る中、 日本に居てはいけない魚の生息情報をキャッチしていて、それの捕獲に川口市の荒川河川敷へ向かった。

川口市荒川総合運動公園2


30分程度で捕獲成功。
捕獲後は、環境省が理想とする方法を取らさせていただきました。

ガー2


体長約40cmのガーの一種。
アリゲーターか、ショートノーズだと思われる。

恐竜が生きていたジュラ紀からほとんど姿を変えていないと言われる古代魚。
アリゲーターガーになると、体長3メートル、体重100キロを超えることもある。
飼い始めが10センチの個体も、わずか2年で1メートルに達してしまう。
今回の個体は間違いなく密放流個体。

アリゲーターガーの原産国アメリカでは、生息地以外への放流は規制されている。
原産国でも放流規制されている魚が荒川沿いの池にいる事は、モラルの崩壊と言わざるをえない。
こういう事があるとキチンと飼育している人に対しても多大なる迷惑をかけることになる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。