クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コウモリ

撮影地 東京都小笠原村父島
撮影日 2007年9月2日

父島で夜の王者と言えばやっぱオオコウモリだ!
父島での生息数は不明。
100頭もいないのではと言われているが、この撮影した日は3頭が寄り添っていた時もあった。
僕の経験では、台風前後によく見かけています。

オオコウモリの活動開始は、木々に囲まれた所ならば日没寸前からでしょう。
実際、森の喫茶店から洲崎・コペペ分岐点に至る道中で飛ぶ姿を目にした時はそんな時間帯でした。
この道中は木々に囲まれ、街灯もなく、夜は懐中電灯がなければ足元が見えません。
空の見える範囲も広くはない。
切り開かれた場所では、自分は、完全に夜になってからでないと見た事がない。
ただ、人の住まない南硫黄島では昼間にも飛翔活動が観察されている。
そう、元来は昼行性。
臆病ゆえ、人が移住してきた事によって、生活スタイルを変えていったのだろう。

僕自身は昼間のオオコウモリをまだ観た事はありません。
ブタ海岸からジョンビーチに至る道中でも、乳頭山や旭山に至る道中でも目にした事がありません。
南部地域の、人が踏み入れるのが困難な森の中をねぐらにしているのでしょうか?
とにかく、遊歩道沿いでは昼間の姿を確認するのは難しいでしょう。
かと言って、自分は遊歩道から外れてまでは行動しません。

オガサワラオオコウモリを見かけるのは樹上にいる所が多い。
木の枝を伝う姿はユーモラスでかわいい。
街灯がない所で見かける事が圧倒的に多いが、懐中電灯がなくとも観察は出来る。
夜目に慣れてしまえばなんてことはない。
星空の明るさだけでも充分だ。
それに、懐中電灯がない方がよく動いてくれる。

さて、昨年(2006年)オオコウモリを観察した木が引っこ抜かれたのか、今年はその木が存在しなかった。
道路に面していて、とても観察しやすかったのに・・・・
これで世界遺産目指すんですか~?(笑)

オオコウモリ観察には、本来は細かいルールがあるらしいが、自分が撮影したこの年はまだあまり広く一般に広報していません。
まぁ、大部分の人はおそらくガイドショップのナイトツアーで観察するのであまり関係ないか。
ガイド無しで観察される方は、のんび~りと観察してください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。