クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070806101805.jpg


僕自身はこの撮影日が初見です。
というより、今まで気付いていなかっただけかもしれませんが・・・・

磯の潮溜まりでギンポ類を追っかけている時に出会いました。
初めは変わったゴミが漂っているな~と。
ところが数が結構多い。
だからでしょうか、なんかしらんが興味を持ってしまった。
目を凝らして観てみると・・・・・・

青い部分が動く、動く。
『これは触手だ!』
そう感じ、これはクラゲの一種ではないかと推測。

家に帰って調べたらギンカクラゲという結果がでた。
円部分が銀貨を彷彿させるのが名前の由来。
黒潮上に生息。流れに乗って日本の太平洋沿岸に漂着するそうです。

円直径は5cmもいかない、小さいクラゲです。
毒の有無は諸説色々。
有るのか無いのかハッキリしません。
手にしたけど何ともないという人もいれば、刺されたという人も。。。
僕は手にしたけど、軍手着けていたので何ともなかったです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。