クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
20070730160459.jpg


この個体を撮影した場所は葛西臨海公園。

アカテガニは海に面した森林を生息場にしているのが普通だ。
産卵の時だけ海辺に来て、普段は陸上生活。
だから、海と共に森林も充実しているのが理想と言われるのですが、大して森林が充実していない葛西に。。。。
思われている以上に適応力が結構あるという事でしょう。

神奈川県の小網代湾における、夏の満月の夜の産卵風景は有名で、テレビでも紹介されたほど。
しかし、小網代湾は聖域化された一面があり、産卵の観察をする際にはルールがある。
(参考 http://www.asahi-net.or.jp/~JD9H-NMMT/koajiro1.htm )

しかし、アカテガニが住んでいれば、別に小網代湾じゃなくても産卵風景を観る事はできる。
わずらわしいのが嫌!という人は葛西なども観察地の候補にどうぞ。

ちなみに、夏の夜の葛西臨海公園は治安が悪いそうなので、少人数での行動はお勧めできません。
大人数で行った方が無難でしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する