クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070720153949.jpg


メダカ科

誰でも馴染みの魚なのに、地域によっては絶滅が心配されている。
2003年5月正式にレッドデータブックに記載され、絶滅危惧種に指定された。
だもんで、気軽に生息地を明かせられなくなってしまった不幸の魚。
今回撮影した場所もあまり人が訪れない所なのでラッキーでした。

僕が子供の頃住んでいた成田でも見かける場所は減った。
一応、毎夏確認しに行っている所は今のところ大丈夫ですが・・・・
ただ、雨降った後増水するとブラックバスが侵入してくる川なので心配はしています。

用水路とかがコンクリ護岸に変わってきてから数は減り始めました。
そういえば、里山で子供の遊ぶ姿が減っていくのに比例して減っているような気もします。
繁殖容易な種なのに減るとはこれいかに。。。
この現状知って『美しい国』と日本の首相経験者は言っているのかな~?
言っていないだろうな~
それとも僕は別角度から物事を見すぎなのでしょうか?

ペット用としてヒメダカがいます。
その原種がこやつ。
区別としてクロメダカという言葉を用います。
でも、クロになるかヒになるかは紫外線が影響しているように思えます。
クロも水槽飼育では色落ちしますから。

メダカは地味な体色と思いがちでしょうが、じっくり見るとどうして、どうして、結構見とれてしまいます。
熱帯魚は派手、日本魚は地味というイメージがありますが、それはパッと見だけ。
日本魚も熱帯魚に負けない鮮やかさがあります。
自分、子供の頃はそれがわからなかった。
数年前からようやくその良さがわかるようになってきた。
その所は本当に反省しなくてはと思っています
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。