クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
20070706093948.jpg

20070706093958.jpg


アトリ科

ウグイスの鳴き声を楽しんでいる時に、『パチン、パチン』という音がした。
“何か居る!”音の出所を探ってみると、新芽を食べているウソのグループに出会いました。
観察時、音も大事な要素の一つになるという見本のようです。

名前の由来は嘘つきだからではなく、古語の『うそぶく』。
現代語ではとぼけて知らないふりをする事を意味するが、古語では“口笛を吹く”という意味だそうです。
鳴き声が口笛のような鳴き声なので、そう名付けられたという。

平野部では、主に冬に観かける事ができます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する