クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070620165001.jpg


ヒトリガ科 ヒトリガ亜科

写真の個体はスジモンヒトリでいいかと思います。
一応無毒という事ですが、燐粉アレルギーの方はアウトでしょう。
もっとも、燐粉アレルギーの方にはチョウ・蛾類は全てアウでしょうが・・・

ヒトリガは漢字で書くと火盗り蛾もしくは火取り蛾
灯心の灯りにぶつかって消してしまったことから火盗り蛾と名がついたとの事。
まさに、“飛んで火に入る夏の虫”の代表種。

『灯心ってなんじゃ?』と思う方もいるので、ちょっと説明。
時代劇見てると、部屋の中に行灯が置かれているシーンがありますよね。
その行灯は、たいてい、皿に油を入れて細長い紐を入れます。
紐に油を吸わせて、紐の上部で火を灯し続けます。
その紐の事を灯心と言います。

20070620165012.jpg


ヒトリガの仲間というと、アメリカシロヒトリが一番有名ではないでしょうか。
幼虫による食害で、外来生物の凄さをまざまざとみせつけた時期がありました。
今では天敵関係もでき、昔ほど大発生はしなくなりました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。