クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
20070610071257.jpg


ハト科

ドバトという言い方が正しいかどうかはわからないが、一般的にドバトという言われ方で馴染み深い。

神社や公園で見かけるこの鳩は元々飼育個体であったものが野生化した。
だからノラバトという名称でも良いと思うのですが・・・・

元が一緒だからか、伝書鳩の中には、ドバトの群れに入ってしまうとそのままドバト化する個体もあるという。
帰巣本能も強いが集団性も強いといえるかもしれない。
そして、かなり図々しい性格の持ち主。

ピジョンミルクと呼ばれる嘔吐物を与えるため、周りの餌状況にあまり左右される事がなく、一年中繁殖が可能だそうです。

あと、ドバトは空飛ぶ病原体と言われる事がある。
触れた後は手洗いきちんとしましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する