クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100520オオシママドボタル
撮影地:沖縄県竹富町西表島
撮影日:2010年5月20日

関東に住んでいると、“ホタルは水辺に生息”というイメージですが、沖縄では幼虫も陸生です。
写真のオオシママドボタルは日本最大級のホタル。成虫は秋から冬にかけて観る事が出来、撮影時期の5月は幼虫を観る事が出来ます。
オオシママドボタルは幼虫も光ります。
夜の西表島を歩いてみると、あちこちで光る姿を容易に観る事が出来ました。しかも、居る所では結構密集していて、大きさもそこそこあるので観察しやすい。
三脚があれば開放させて暗闇の中の光を撮れただろうけど、持ち合わせてなかったので光る姿をお見せできずスイマセン。
ちなみに、幼虫の食べ物はカタツムリです。
スポンサーサイト
10812コクワ
撮影地:千葉県成田市
撮影日:2010年8月12日

一番目にする事が多いクワガタムシといえば、このコクワガタではないでしょうか。
日本で最もポピュラーなクワガタなのに、取り上げるのはマニア度が高い人が多いという不思議さ。
飼育は容易、越冬も可能。
だけど、ペットショップで見かける事はほとんどなく、飼いたいならフィールドに直出かけて獲りに行きましょう!!
まじまじと見ると『見応えは十分!』と思うのは自分だけではないはず。
成虫の大きさは幼虫時代の食べ物事情に左右される所が大きいので、意外と大きい個体もいますよ。
ちなみに、今回の写真を撮った地域は食べ物事情がそれほどでもないのか、大きくても2cm程度・・・
数は結構いたんだけどな~。
あっ!全然関係無いけど、この撮影地ではマムシにも遭遇しました。
10812マムシ2
まっ、成田って結構田舎なんですよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。