クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
100520オキナワハクセンシオマネキ
撮影地:沖縄県竹富町西表島
撮影日:2010年5月20日

“西表島”と聞いて思い浮かべるものの一つにマングローブがあると思う。
そのマングローブを中心とした干潟では、干潮時にシオマネキの姿がよく見られる。
上の写真はオキナワハクセンシオマネキ。
西表島でもっともたくさん見かける事の出来るシオマネキは、このオキナワハクセンではないだろうか。
そのため、写真も撮りやすい。

100520ヤエヤマシオマネキ
撮影地:沖縄県竹富町西表島
撮影日:2010年5月20日

こちらはヤエヤマシオマネキ。
色合いは少し地味。

シオマネキの仲間はハサミで招くような恰好をする行為で有名。
団体でいる場面が多い。
なるべく目線を低く、それこそ寝そべって観察すると見ごたえある観察が出来るのではないでしょうか。
自分は結構寝そべって観察しますね。

ただ、場所によるのか、それとも別の要因か、『昔テレビで見た光景よりも意外と数が少ないな~』と感じた。
種類によってはレッドデータ入りしているものもいるという。
だから、せっかく西表島に来たのに必ずしも出会うとは限らない種類もいます。
でも、いつかは西表島にいるシオマネキ全種類の撮影に成功したいな。
スポンサーサイト