クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100520ミナミトビハゼ
撮影地:沖縄県竹富町西表島
撮影日:2010年5月20日

地元では“トントンミー”と呼ばれ親しまれているミナミトビハゼ君。
本島だとトビハゼも生息しているので見分けが必要だが、西表島だとミナミ君しかいないので('-^*)

河口の干潟に行けば普通に観る事が出来る。
が、田んぼ近くの水路でも観る事が出来る。
今回の撮影場所がまさにそう。
もっとも、道路を挟んですぐ海でしたが・・・・

ミナミトビハゼは、塩分濃度が濃いのは好みではないようです。
スポンサーサイト
100520サキシマヌマガエル
撮影地:沖縄県竹富町西表島
撮影日:2010年5月20日

西表島で最もよく見かける蛙といったらこのサキシマヌマガエルじゃないでしょうか。
田んぼ沿いの夜道を歩いていると、そこらじゅうでピョンピョン飛び跳ねている。
ただ、冬は活動が鈍るようです。

ハブという強敵がいるせいか、跳躍力抜群!
撮影しようと近づくとすぐ跳んで行く。
距離結構跳ぶものだから、追いかけるのもやや苦労。
ただ、数が多いので撮影チャンスもすぐやってくる。

背中に線があるものと無いものがあるそうで、この撮影個体はかなり太い線。
当初はヌマガエルの亜種扱いだったそうですが、2007年に固有種へと変更されたそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。