クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090623ノラヤギ
撮影地:沖縄県竹富町鳩間島
撮影日:2009年6月23日

日本には野生のヤギは元々居なかったので、野生のものは家畜として飼育されていたものが逃げ出したという事になる。
野良猫ならぬ、野良ヤギだ。


鳩間島のヤギは運動会前に捕まったものがヤギ鍋として振舞わられるそうだ。
狭い島だからしょっちゅう出会えるかと思いきや『どこにいるんだ?』と思うくらい出会わない時もある。
出会いやすいのは早朝。
警戒心が強いので、なかなか正面から撮らせてもらえないですぐ逃げ出されてしまう。


080117ノラヤギ
撮影地:東京都小笠原村父島
撮影日:2008年1月17日

小笠原父島も野良ヤギは多い。
こちらも大抵はこちらを見つけると逃げ出していくが、人間の子供相手だと突進するヤギもいた。
結構毛色濃い個体が多い。

一度ジョンビーチへ至る遊歩道で追っかけた事があるが、向こうは山道のスペシャリスト。
当たり前の事だが、あっという間に視界から消え去られた事がある。


ヤギ鍋は食べた事ないので評価出来ませんが、食べた事ある人によると、相当クセが強いとの事。
しかし、若いヤギだとあまりクセが無いという人もいて、どうなんでしょう?

自分が食べた事あるのは、ヤギの刺身。
これはルイベにして食べるのですが、クセもなく食べやすかったですし、おいしかったです!
泡盛に合いますよ!
スポンサーサイト
090118ザトウクジラ
撮影地:東京都小笠原村 父島・母島航路
撮影日:2009年1月18日

ホエールウォッチング対象としてもっともポピュラーなザトウクジラ。
小笠原にやって来るのは冬。
子育てのためにだ。

1月中旬から2月いっぱいくらいまでは、父島・母島定期航路の“ははじま丸”からでも目にする機会が増える。
“ホエールライナー”と呼ばれるにふさわしい。

ははじま丸からクジラを観察するポイントとしては、島に近い所の方で比較的目にしやすい。
小笠原で見かけるザトウクジラは研究者などによって既にだいたい認識されている。
また、尾の模様が各々で違うので、尾の模様を覚えておくと再び訪れ出会った時の感動が違う事だろう。

ザトウクジラ3
撮影地:東京都小笠原村 父島・母島航路
撮影日:2009年1月18日

冬のザトウクジラ。
日本で小笠原以外で有名なのは、座間味。
行きやすさという点でも座間味の方が客は多いと思います。
ちなみに、ザトウクジラは子育て期間中はほとんど食べ物を取らないという。
090710ユウゼン2
撮影地:東京都小笠原村母島
撮影日:2009年7月10日

漢字で書くと“友禅”となるのだろう。
大人の背が立つ位置でも泳ぐ姿を観る事が出来るのはおそらく小笠原だけ。
手軽に浜エントリーのシュノーケリングで観たいのなら小笠原までどうぞ!

090710ユウゼン
日本固有種であり、名前も日本らしい魚。
国内よりも海外での人気の方が高いかもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。