クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳩間クマゼミ
撮影地 沖縄県竹富町鳩間島
撮影日 2009年6月22日

この年は空梅雨模様で、おかげさまで天気に恵まれた鳩間滞在でした。
もっとも、八重山は本島よりも少し早く梅雨明けしますから、この時期ならばもう梅雨明けなのかもしれません。
八重山の梅雨明けはこのセミが鳴き叫ぶ。
デカイので、声も大きい。
熱い太陽の光が注ぐ中、クマゼミの鳴き声を聞いていると、余計暑くなる。

しかし、まぁ、なんだな、8月に鳩間島に滞在した時はそれほど気にならなかった。
案外最盛期は短いのかもしれない。
スポンサーサイト
071107モンシロ
撮影地 千葉県浦安市
撮影日 2007年11月7日

キャベツ畑でお馴染みの可愛らしい蝶、モンシロチョウ。
まぁしかし、幼虫はキャベツに特化するわけではなく、アブラナ科の植物があればいいようです。
幼虫は飼育教材として活用される事もあるほどポピュラー。


10604ナナホシテントウ
撮影地 千葉県市原市
撮影日 2010年6月4日

小さいながらも子供達に人気のあるテントウムシ。
中でもナナホシが一番人気ではないだろうか。

テントウムシの中でも赤と黒のバランスは1、2を争うかもしれない。
黒点模様の配置はよくよく見ると違っていたりする。

アブラムシを食べるという事で、園芸家からも人気のあるナナホシテントウ。
ナナホシを観て春の訪れを感じたりする事もあるでしょう。
良い虫です。



071107ツマグロヒョウモン
撮影地 千葉県浦安市
撮影日 2007年11月7日

関東地方でもすっかりお馴染みの蝶となった感があるツマグロヒョウモン。
温暖化の指標として一時期テレビがよく紹介していましたが、今では危機感がすっかり無くなったのか注目されません。
南方系の蝶なのに、11月の浦安でも見られるという。
今の時代、浦安は南方系に属するようです(笑)

まぁ、あまり笑い事にはならないのだが・・・・・

081001アカホシカメムシ
撮影地 沖縄県竹富町鳩間島
撮影日 2008年10月1日

台風は過ぎたけども、北風が吹いて船が欠航した日。
散歩中に出会ったのがアカホシカメムの幼体。

赤と黒が目立ちます。
これは警戒色となりますが、こちらとしては見つけやすい色具合に。

ネットで調べてみたら、アカホシの臭いは柑橘系だそうだ。
アゲハの幼虫みたいなものか?
次回出会った時にはぜひ臭いを嗅いでみようと思います。
071107カマキリ
撮影地 千葉県浦安市
撮影日 2007年11月7日

胸の部分をよく見ていなかったので、オオカマキリなのかチョウセンカマキリなのかハッキリと言える自信が無い・・・・
でも、なんかチョウセンっぽい。

071107カマキリ2
防波堤のとこにいたので、お腹にツリガネがいるかも。
『水辺の近くにいるカマキリはツリガネがいる』とよく言われますが、浦安という場所自体、水辺にあるようなものだからな~
捕まえてお腹を水にさらせば簡単に判明するけど、そこまでする気力は起きませんでした。

まぁ、そういう事を差し置いても、カマキリはかっこいいですよね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。