クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クロマダラソテツシジミかな~2
撮影地 沖縄県竹富町鳩間島
撮影日 2008年9月24日

内地のツバメシジミのように、後ろ羽に突起の部分がある。
自分は最初ツバメシジミと思っていたが、何だか模様が違うので調べ直してみたけど、オジロシジミなど似たものが多く見つかって悩む。

クロマダラソテツシジミだとして話を進めると、八重山で見つかったのはそう古くないらしい
元々はフィリピンや台湾などから飛んでくる迷蝶で、日本では90年代以降沖縄など南西諸島で何度か確認されているそうな。
さらに、2007年には鹿児島、そして一気に関西でも確認されたという。

ここまでくると迷蝶を通り越してくるような気が・・・・・

幼虫はソテツの新芽を好むという。
鳩間島にもソテツは多い。
八重山では石垣島で大発生してソテツを食いまくったらしい。
たくさん飛んでいたから、この写真個体がクロマダラソテツシジミだとすると、今では迷蝶ではなくごく普通に見られる種になったんじゃないだろうか。

クロマダラソテツシジミかな~
撮影地 沖縄県竹富町鳩間島
撮影日 2008年9月27日

一般的にはこれ見たら『シジミチョウ』とだけで充分だと自分は思います。
さらに、どーでもいい人にとっては『チョウ』だけでもいいと思います。
毒蝶なら種類知っとくと何かと便利だが、シジミチョウの類なら悪さもないだろう。と、素人意見。

全編こんな感じの当ブログ
生き物好きになるキッカケ作りになるんかいな?(笑)

鳩間島の一周道路でも足元でよく飛んでいる姿を見る事が出来る。
簡単に出会う事が出来るので『せっかく八重山まで来てシジミか・・・・・』もしくは『いつでも見られるさぁ~』とスルーするような気がする。
内地でも、一般的によく見られるシジミチョウはあまり話題にのぼらない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。