クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤマトオサガニ

撮影地 東京都江戸川区
撮影日 2007年6月30日

このカニの撮影地は岸からすぐなのですが、たどり着くには慎重さを要します
旧江戸川河口2
足元が危ないのです
ヘドロなものですから、岸から渡れると思って安易に足を踏み出すと、あっという間に膝上まで簡単に潜ってしまいます
自分も初めて行った時は焦ってこむら返りを起こした事があります
潜らずに渡るとなると、カキの貝殻で埋め尽くされた所を歩く必要がある
サンダルや素手では簡単に怪我する事が出来るであろう

この場でヤマトオサガニを観察できるのは干潮時のみ
満潮時はヤマトオサガニの居る部分は水面下に沈んでしまうから
また、ヤマトオサガ二が居る部分に足を踏み入れるのは困難
泥地なので、膝上どころか、それ以上に簡単に沈みます
スポンサーサイト
アオウミウシ

撮影地 千葉県館山市
撮影日 2008年7月31日

なめくじもこんなんだったらもっと人気が出たろうに・・・・・(笑)
ただ、アオウミウシも水から上げると、色の青いナメクジのような感じになるが・・・・(苦笑)
ツノ出し、花びら出しは海の中だけの話

それにしても、アオウミウシは美品だ
小さい体ながらも見とれる事間違いないだろう
写真の個体は水深10cmにも満たない所で見つけた
小学生でも比較的安心して探せるポイントにいる種でもあるのはありがたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。