クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハクセキレイ1
撮影地:千葉県浦安市
撮影日:2007年1月14日

ハクセキレイは常に前を歩いて、まるで案内人のようだ。
そのせいか、正面から撮るのが難しい。

ハクセキレイ2
撮影地:東京都江戸川区
撮影日:2007年9月29日


ハクセキレイ3
撮影地:千葉県浦安市
撮影日:2005年7月11日

この子を撮影した日はプールに行く途中で、ハクセキレイが慌しくしている所に遭遇した。
頭の中に『これは巣があるかもしれない』との思いが横切る。

勘はドンピシャ!
子を写真に収めた。

成鳥は浦安でも比較的簡単に見られるので子が見つかっても不思議ではないが運がいいと思う。

この子は恐らく巣から這い出したものと思われる。
親鳥が慌しくしていた事から、そう考える。

この写真を収める時もハクセキレイの親は警戒レベルをかなり上げていた。
警告の鳴き声を常に発し続けていた。

自然界では迷い子は普通生きていけません。
今回のケースは親鳥が巣まで導くかどうかですが、どうでしょう。

『見捨てたのか!』とお思いの方もいるでしょうが、この場合手出しは無用と判断いたしました。(こういう所が愛護団体とかに嫌われるみたい・・・)

プールからの帰りに立ち寄ってみましたが、慌しさのかけらは残っていませんでした。

どうなったのか、それは自然のみが知る所であります。
スポンサーサイト
ハシボソガラス

撮影地:千葉県市川市
撮影日:2007年3月17日

よく見かけるカラスは二種。
ハシボソガラスとハシブトガラス。
見分け方は簡単。クチバシの太さですぐわかる。

生息地としても、ハシボソの方は郊外に多く、ハシブトは都心に多い。
渋谷のゴミ漁りはハシブトばかり。

自分の感じ方では、ハシブトの方は気が強く、ハシボソは慎重派という気がします。

ところで、カラスのクチバシは目をえぐり取るような気がして怖いと思うのは自分だけでしょうか?
イオウイロハシリグモ

撮影地:千葉県大網白里町
撮影日:2007年6月3日

僕がこのクモを観る場所は水田が多い。
田んぼを覗くと水面上にいる。
その姿を見るのだ。

模様によって、イオウイロ型、スジボケ型、スジブト型にわけられるらしいが、曖昧な者も多数いるというので、そこまで覚えなくてもいいでしょう。
覚えたい方はフィールドへ行ってたくさん観察して調べよう!
キジ2

撮影地:千葉県大網白里町
撮影日:2007年6月3日

オオヨシキリを追っかけている最中、あぜ道に『ニワトリっぽい奴がおるな~』と思って近づいたらキジでした。
この写真撮影地は小学校裏の田んぼ。
200mほど歩けば住宅地。
近づいていく最中に一瞬相手が身をかがめたので、飛ばれるかなと思ってそこからは距離を縮めず。
それでも、昨年春、下総フィールドワーク中に出会った時よりは近くまで寄れました。

キジ

撮影地:千葉県印旛郡栄町
撮影日:2006年4月22日

日本の国鳥というわりにはあまり見かけない。
特にメスの方。
大型の鳥なんですが。。。
つまり『あちらこちらで気軽に見れる鳥ではないけど、日本の鳥と言えばキジだよ』となる。
別に皮肉を書いているわけではありません。

桃太郎にくっついていって鬼退治するくらいですから、昔は当たり前の鳥だったようですよね?
クイナ

撮影地:東京都江戸川区
撮影日:2008年5月1日

開けた場所にあまり出てこないので飛来情報聞いて出かけても、実際はあまり目にしない。
撮影した日は、夕方で曇りでひと気がないという条件だったせいか、開けた場所で食べ物探ししていました。
自分にとっても初撮影です

それにしても、最近うちの一眼デジカメは、乱暴な使い方をしてきたせいかピン合わせの精度が落ちたような・・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。