クラウン・コマの生き物図鑑

詰めが甘いので正確性に欠けます(苦笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070907162726.jpg


小笠原で真っ先に見かける生き物といったら、この鳥ではないでしょうか。
聟島列島が見え始める頃からお出迎えにやってきます。
もっとも、彼らの目当ては船の引き波に驚いて飛び出すトビウオ。
20070907163254.jpg

トビウオが空中を飛び出すとめがけて追っていく。
見事キャッチするシーンを目にする事も多い。

小笠原諸島のカツオドリは船には慣れっこ。
だから、とても近くまで寄ってくれるので撮影はしやすい。
20070907162745.jpg


カツオを食べるからカツオドリではなくて、カツオの群れの上空にいる事が多いからカツオドリ。
何故かと言えば、カツオに追いかけられた小魚狙いなわけですな。
結果として、それがカツオのいる所を教えてくれるという事になるので、昔の漁師さん達には感謝されていた鳥という事になります。
しかし、同じようにカツオが追い立てた小魚を狙う鳥は多いようで、それらを総称してカツオドリと呼ぶ地域もあるようです。
スポンサーサイト
20070906215832.jpg

ナガウニ科

風鈴にも利用されるという。
で、『それはオシャレやん!欲しい!』と思って土産物屋に行ったのですが、見つける事は出来ませんでした。
時間も無かったし・・・・

この写真はコペペ海岸で撮影したものです。
岩の間にいる事が多いですが、赤色が目立つので、簡単に見つける事ができます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。